死亡事故について

死亡事故は残された方々の将来にかかわる重大な問題です

ご家族が交通事故により死亡した場合、多くの方がそのことで頭が一杯になり、「お金の問題ではない」「お金をもらっても、故人は戻ってこない」と思い、慰謝料の請求など冷静に考えられない・考えたくないというケースも少なくありません。
交通事故によりご家族を亡くされた方の悲痛を思うと、これは当然の心境です。しかし、死亡事故は残された方々の将来にかかわる、重大な問題です。特に小さなお子様がいる場合などには、その子の一生を左右する可能性もあります。適正な補償が受けられなかったために、お子様の進路に影響がおよぶということも考えられないことではありません。
「お金の問題」ではありませんが、「せめてお金だけでももらっておく」ようにしなければ、その後の生活に様々な支障をきたす恐れがあります。しかし、慰謝料の請求などの手続きを行っていると、故人のことを思い出して辛くなったり、保険会社との交渉に多大なストレスを感じたりする場合もあるかと思いますので、そういった手続きや交渉は弁護士に任せられることをおすすめします。また、事故直後はなかなか冷静に物事を考えたり、判断したりすることが難しいかと思いますので、そうした時に冷静に物事が考えられる「第三者=弁護士」の存在は重要であると言えます。
事故発生から月日が経った時に、「やっておけばよかった」と後悔しないためにも、まずは一度弁護士に相談するようにしてください。

死亡事故の慰謝料の目安

一家の支柱

2,800万円

母親、配偶者

2,400万円

その他(独身の男女、子供、幼児など)

2,000~2,200万円

※金額はあくまで目安です。被害者の過失割合、年齢、家族構成のほか、加害者の事情などにより金額は変動します。また、これらの金額は裁判で認定される金額ですので、裁判をせずに示談交渉する場合には、それぞれ半額程度の金額を提示されることもあります。

  • トクするお話
  • 交通事故解決事例
  • オフィシャルサイト official site