後遺障害について

後遺障害とは?

症状固定した状態で残った症状のことを「後遺障害」と言います

交通事故により怪我などを負った場合、治療が必要であり、そのために必要な費用については加害者(加害者の保険会社が窓口であることが多いです)に請求できます。基本的には、完治するまで治療が受けられることになります。しかし、治療したとしても治らない、大幅な改善が見込めない段階になると、症状固定となります。症状固定した状態で残った症状のことを「後遺障害」と言い、その程度によって慰謝料や逸失利益(後遺障害により、交通事故前と同じように稼働できなくなったことによる損害)などを請求することができます。
後遺障害については1級から14級まで様々な症状が規定されており、寝たきりになるような重い後遺障害から、顔面に醜状が残るケース、神経症状が残るケースなどが定められています。

後遺障害が認定されると、認定されない場合と比べて多額の損害賠償が発生します

後遺障害の診断については、治療を受けている病院で診断書を作成してもらいますが、診断書通りに支払いが受けられるとは限りません。後遺障害には様々な基準が定められており、判断のために必要な検査を受けているか、レントゲンなどから症状が読み取れるかなどの審査があるためです。
後遺障害が認定されると、認定されない場合と比べて多額の損害賠償が発生します。後遺障害を抱えたまま、将来生活していくことは、相当大変です。弁護士が対応することで、問題となる後遺障害認定に必要な検査を指摘できるなど、適正な後遺障害等級の認定に向けて協力できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

当事務所にご依頼頂くことで、こんな症状も認定される場合があります

骨折や顔に傷が残ったなど、客観的に認められる症状であれば、比較的後遺障害等級が認められやすいのですが、神経症状や関節の可動域制限などの「目に見えない症状」は、きちんと必要な検査を受けていないと認められないケースもあります。当事務所にご依頼頂ければ、こうした認定されにくい症状であっても、適正な後遺障害等級の認定に向けてサポートさせて頂きます。

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、脳が損傷を受けたことにより生じる機能障害です。言語力、記憶力、運動能力などの低下を招く場合があります。

交通事故に遭われた方に、こんな症状はありませんか?

頭部に強い衝撃を受け、意識障害が現れた方で、次のような症状がある方は高次脳機能障害を負っている可能性があります。「すぐに物事を忘れてしまう」など加齢によるものと判別がつきにくいものもありますが、交通事故直後に症状がみられ始めた方、特に若年層の方で症状がみられる場合には、高次脳機能障害を疑う必要があります。
高次脳機能障害の症状は、ご本人様では気づきにくいものです。ご家族など、まわりの方々が注意し気づいてあげるようにしてください。

症状
すぐに物事を忘れてしまう
一度やったことを、何度も繰り返してしまう
何度も同じことを聞いたり、話したりする
同時に2つ以上のことができない
言葉に詰まる時がある
注意力が散漫になっている
味覚や聴覚が変わった気がする
計画を立てて行動することができない
感情が制御できず、暴力的になったりする
些細なことで泣いたり、怒ったりするなど、感情の起伏が激しくなった

当事務所が受任したケース

平成14年10月当時、10歳であったお子様が横断歩道を自転車で走行中、加害者の運転する普通乗用車にはねられ、怪我を負いました。1ヶ月半程度、病院にて意識不明のまま生死の境をさまよった末、幸いにも九死に一生を得ました。
ところが、一見すると怪我なども治って悪いところはなさそうなのですが、記憶力の低下、どもり・失語症、反射神経の鈍さ、運動能力の低下が目立ちました。加害者の保険会社は「経過をみましょう」と言うものの、積極的な連絡もなく、そのまま時間だけが経過し、ご依頼者様が当事務所にいらっしゃったのは平成19年のことでした。交通事故による損害賠償請求権の消滅時効期間は、原則として3年です。その点でも、こちらのご依頼は問題を抱えていました。ですが、病院で診断を受けたところ、高次脳機能障害であるとの診断を受けました。
加害者とは訴訟で争うことになりましたが、結果、後遺障害に対する慰謝料は1,220万円、逸失利益は3,917万8,436円と認められました(ただし、ご依頼者様側の過失相殺前の金額です)。
このように高次脳機能障害は賠償額が高額になるケースが多いため、加害者との争いも激化・長期化する傾向にあり、解決に至るまでには様々なハードルをクリアしなければいけません。そのため、弁護士に依頼し、専門家からの適切なアドバイスやサポートを受ける必要があると言えます。

むち打ちについて

交通事故の衝撃で体が大きく揺さぶられると、首や肩等の筋肉や靭帯などを損傷し、痛みや違和感等の症状を引き起こします。
このような症状を総じて「むち打ち症」と呼びます。首や肩、背中、腰、膝などの痛みだけでなく、知覚障害やしびれ、耳鳴り、めまい、といった症状が生じることもあります。
「むち打ち症」というのは、このようなさまざまな症状をまとめて呼ぶときに使うもので、傷病名ではなく、正式には、頚椎捻挫(けいついねんざ)がむちうち症の大部分を占めています。
このむち打ち症は、自覚症状はあっても、必ずしもXPやMRI撮影等の画像所見から明確に判断できるものではないため、後遺障害に認定されにくい一面があります。そのため、保険会社との間でむち打ち症状の補償の面で争いになることが多いようです。
当事務所にご依頼頂ければ、こうした認定されにくい症状であっても、適正な後遺障害等級の認定に向けてサポートさせて頂きます。

 

後遺障害の等級表

等級自賠責保険基準弁護士基準
1級 1,100万円 2,800万円
2級 958万円 2,370万円
3級 829万円 1,990万円
4級 712万円 1,670万円
5級 599万円 1,400万円
6級 498万円 1,180万円
7級 409万円 1,000万円
8級 324万円 830万円
9級 245万円 690万円
10級 187万円 550万円
11級 135万円 420万円
12級 93万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円
  • トクするお話
  • 交通事故解決事例
  • オフィシャルサイト official site